喜多川泰の対談 晴耕雨談(せいこうだん)VOL.2 白石康次郎×喜多川泰 CD 2枚組

喜多川泰のCD 対談シリーズ ■晴耕雨談CD Vol.2


喜多川泰の晴耕雨談(せいこううだん)とは、作家・喜多川泰が
尊敬してやまない 各分野で活躍する一流の人をゲストとして
お呼びし、二人で心ゆくまでお話しをする対談の場です。

読書はより強く美しい自分を作るために必要な要素ではありますが
時には人生に憧れや希望を与えてくれる、そんな誰かと直接
会って話をし、話を聞くことで人生は大きく拓けていきます。


今日はこの方のお話で共に学びたいと思います。


海洋冒険家 白石 康次郎/しらいし・こうじろう さんです。

1967年5月8日東京生まれ鎌倉育ち。
横浜国立大学教育学部附属鎌倉小・中学校、
神奈川県立三崎水産高等学校( 現・神奈川県立海洋科学高等学校)卒業。
少年時代に船で海を渡るという夢を抱き、
三崎水産高等学校在学中に単独世界一周ヨットレースで優勝した故・多田雄幸氏に弟子入り。
レースをサポートしながら修行を積む。
1994 年、当時26 歳で、ヨットによる単独無寄港無補給世界一周の史上最年少記録(当時)を樹立。
その他数々のヨットレースやアドベンチャーレースでも活躍した。
2006 年、念願の単独世界一周ヨットレース
「ファイブ・オーシャンズ」クラス機60 フィート)に参戦し、歴史的快挙となる2 位でゴール。
更に2008 年、フランスの双胴船「ギターナ13」号にクルーとして乗船し、
サンフランシスコ〜横浜間の世界最速横断記録を更新した。
2016 年11 月には最も過酷な単独世界一周
ヨットレース「ヴァンデ・グローヴ」に出場している。

Disc1 挑戦する勇気と覚悟 (58:22)

冒険家にとっての挑戦と覚悟とは何か。
失敗から立ち上がる強さや、奇跡を起こす方法について語り合う1時間です。

「好奇心と想像力」
「失敗すると実力がつく」
「正しい行いをした結果は正しい」…などなど。

「大海原」を相手にする冒険家らしい豪快なトークに引き寄せられます。


Disc2 夢と目標 (53:21)

自己の内側から湧き出る夢や目標に挑戦した結果、手に入るものは何か。
冒険家、教育者という二つの視点から、自分の殻を破る方法について、語り合う1時間です。

「面白いかどうか」
「自分で決めるから納得がいく」
「損得勘定ではない判断基準」
「挑戦をすると批判を受ける」…などなど。

白石さんの歯に絹着せぬお話に爽快さを感じることでしょう。


【白石 康次郎さんの著書】

「七つの海を越えて―史上最年少ヨット単独無寄港世界一周 」(文春文庫)
「人生で大切なことは海の上で学んだ」(大和書房)
「精神筋力」(生産性出版)
ほか多数

【オフィシャルWEBサイト】
http://www.kojiro.jp/
  • 4,320円(内税)